エンドバーの取り付け位置を考える - DEVIL

DEVIL ホームスポンサー広告 ▶▶ アクセサリー ▶ エンドバーの取り付け位置を考える

にほんブログ村 ロードバイクを覗きに行く

スポンサーサイト    

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンドバーの取り付け位置を考える    

IMG_9527.jpg
ハンドルがフラットバーやし登坂時や長距離ライドの為にもうちょっと握りやすくしたいって思ってたので
バーエンドを取り付けたいと思ったんです

でも、あの端っこに付いてる格好がどうも好きじゃない
しかもバーエンドを持った時、ブレーキに全く指が届かずちょっと危険やし
そもそも肩幅より大幅に外側を握るからしんどいし変な姿勢になる
やっぱり ドロップハンドルに交換? いやいや お金が全くついてきません

今付いてるバーが580mm
ドロップハンドルの幅がだいたい420mm
バーエンドをバーの端に付けて握ると160mmも幅広い
そこで、バーを合計40mmカットしてバーエンドを端っこに付ける
ブレーキ、シフトを少し外側に移動させてバーエンドを握った時も届くようにした

この状態で昨日50kmのサイクリングに行ってきたんですが
とっても握りにくかった ダンシングする時もなんかしっくりせず 余計疲れたし
ダウンヒルの時 バーエンド握った状態ではブレーキを強く握る事が出来ず危険やった

そこでもっと内側に付けてみた
IMG_9528.jpg

すると意外や意外 なかなか握りやすいやん
ブレーキも握りやすいし シフトチェンジもまぁまぁな感じ
もうちょっと位置調整したらもっと使いやすくなりそうです。 

”Guizzo”とは
ハンドル、ステム、ピラーなどを数多く生産しているKALLOY社のハイグレードモデル 厳しいヨーロッパ規格(CEN)をクリアーしたパーツを世に送り出すブランドみたいです



追記 5/21
IMG_0518.jpg

色々調整して バーエンドを握りながら常にブレーキに手がかけられる、
しかもタイヤがロックするくらいブレーキがかけられる 危ないからね〜
ひと差し指でシフター操作が出来る位置になんとか調整出来たので
グリップを切り はめてみました。
かなりしっくり来てます
リアのシフトダウン フロントのシフトアップ時は少し持ち替えないとあかんけど
問題なしのレベル
 
これで走行時の姿勢も少し変化をつけられるから ちょっとは楽になるかな
見た目もハンドルの端に付けるよりは格好いいんじゃないですか〜

最後まで読んでくださってどうもありがとうございました
お帰りの際は ポチッ を 忘れずにお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村現在
関連記事

Re: No title

今後ともよろしくお願いしま〜す

2012-05-22 19:37 │ from devilURL

No title

いえいえ、ご返答ありがとうございます。

俺も自転車とapple製品が好きなんで、
今後もブログ拝見させていただきます。

2012-05-21 20:36 │ from かにゃーおURL

Re: はじめまして

金尾さんコメント いや質問ありがとうございます
HPみさせていただきました めっちゃすごいですね〜
私なんか足元にも及びませんよ〜

ハイグレートモデルの「違い」ですが、私はまだその違いがわかるまでには至ってません
私が買ったのはアルミ製です、ただ握りやすくカッコがよかったのでメーカー名もわからず購入しました。
同じ形のカーボンモデルもありましたが、高すぎて手が出ませんでした。
カーボンやとやっぱり衝撃が違うんですかね
全然答えになってませんね すいません

2012-05-21 18:57 │ from devilURL

はじめまして

かにゃーおの世界一周自転車漫遊記の金尾です

質問なんですが、
エンドバーなんかも、やっぱりハイグレードモデルだと「違い」があるものなんですか?

2012-05-21 13:37 │ from かにゃーおURL


コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://tsuyodevil.blog.fc2.com/tb.php/111-5b38595e